アフィリエイト広告を利用しています

【エヴァフォント】たった999円でエヴァフォント「マティスEB」を使う方法【詳しく解説】

999円でコレが作れる!!EVA-マティス-スタンダード EVA-マティス-クラシック

みなさんは、誰もが名前を一度は聞いたことがあるであろうアニメ「エヴァンゲリオン」を見たことがありますか?
そのエヴァンゲリオンですが、アニメ各話のサブタイトルや、最近で言えば新劇場版のタイトルには、ある決まった明朝体のフォントが使用されています。

それが「マティスEB」とよばれる、フォント業界の人たちの間ではあまりにも有名なフォントです。
このフォントを使用するだけで、世界観が一瞬でエヴァの世界に早変わりするため、このフォントがほしい!という方はたくさんいらっしゃったと思います。

これまで、この「マティスEB」を使用するためには、フォントワークスが提供する様々なフォントが使用できる「モリサワパスポート」に有料で加入するか、少し前にはこの「エヴァフォント」だけの単独で販売していたものを購入するしかありませんでした。
しかも、このエヴァフォントだけの単独販売は、現在はすでに終了しており、再販の予定もない状態となっています。

では、これから新たにこのエヴァフォントを使用したい人は、有料でモリサワパスポートのサブスクリプションに加入するしかないのでしょうか?
今回は、エヴァフォントだけを使用したい人向けに、たった999円で使用できるようになる方法をお伝えします。(もちろん全く違法な方法ではありません!)

この記事はこんな人におすすめ!

  • エヴァンゲリオンみたいな世界観のデザイン・動画編集をしたい人
  • 「マティスEB」だけが欲しかった人
  • エヴァファンの人

フォントワークスが提供する「mojimo」で利用可能に!

mojimo

フォントワークスが提供するこの「mojimo」というサービスのコンセプトは、「ちょうどいい文字を ちょうどいい価格で」

これまではモリサワフォントが使用したい場合は、モリサワパスポートという大量のフォントが使えるようになる反面、不要なフォントも多くあり、さらには年間5万円以上という、個人にはなかなか負担が大きいサービスに加入するしかありませんでしたが、この「mojimo」の登場により、好きなフォントだけをお手軽な価格でサブスクリプション登録することができるようになりました。

今回のエヴァフォントも、今年の1月より「mojimo」で新たに使用できるようになり、その価格も年間999円(税込)という超破格値で利用できるようになりました!

使い方

まずはサイトにアクセス

今回の「mojimo-EVA」専用のページがあるので、こちらのページにアクセスします。

mojimoサービスに申し込み

新規お申し込み

ページ最下部あたりに「新規お申し込み」ボタンがあるので、こちらをクリックします。

メールアドレスを入力し、届いたメールのURLから本登録へ

mojimoお申し込み

仮登録申し込みページからメールアドレスを入力して送信します。

仮登録

届いたメールに書かれているURLにアクセスすると、本登録をすすめることができます。

「mojimo-EVA」サービスを選択&情報を登録

下にスクロール

本登録用URLにアクセスすると「お客様情報・ご契約内容入力」のページが表示されます。
今回は「mojimo-EVA」に加入するので、ページを下の方へスクロールしていきます。

下の方に「mojimo-EVA 12ヶ月コース」という項目があるので、こちらにチェックします。

また、その下に名前や住所を入力する場所があるので、そちらを入力して先に進めます。