【解説】メールに添付されてきた怪しいファイル「winmail.dat」って何?

2021年11月10日

winmail.dat

私は仕事でメールクライアントとしてThunderbirdを使用していますが、先日、仕事をしているとお客様からメールが届き、なにやら添付ファイルがあるとのことで見てみると「winmail.dat」という見慣れないファイルが添付されていました。

「もしかしてウイルス?」と思ったりしましたが、実はなんてこと無い普通の添付ファイルでした。

今回はこの「winmail.dat」が何者なのか?また、どうしてこのようなファイルが届くのか?という部分を解説します。

結論:Outlookから送られたメールに添付されるファイルである。

正しく設定されていない Microsoft Outlook メールクライアントからメールが送信されると、winmail.dat というファイルがメッセージに添付ファイルとして追加されます。このファイルには、Microsoft 独自の TNEF 標準を使用するメッセージの、本文の書式情報が含まれ、元のメッセージの他の添付ファイルと共に送信されます。このファイルは、他のメールクライアントでは読み込まれません。これは、元のメッセージに添付された他のファイルが Thunderbird のメッセージペインに表示されない原因となります。
出典:https://support.mozilla.org/ja/kb/what-winmaildat-attachment

つまり、MicrosoftのOutlookユーザーがThunderbirdをメールクライアントとして使用している方にメールを送ると、そのメールがリッチテキスト形式(文字色やサイズ、フォントなどの情報が指定できる形式)だった場合、その情報がこのwinmail.datファイルに含まれて送られてくるということになります。

注意!書式情報ではなく、添付ファイルが変換された可能性もあり

ただ、気をつけたいのが、このwinmail.datは、リッチテキスト形式の書式情報を含む場合だけではないということです。

たとえば、今回私が受信したwinmail.dat付きのメールの本文には、「添付ファイルをご確認ください」と書かれていました。

ということは、送信者の方は意図的に添付ファイルをつけたということになりますので、それがwinmail.datという形式に変換されてしまい、通常の解凍ソフトなどでは中身をうかがい知ることが出来ない状態となってしまっているのです。

winmail.datの中身を確認するためには?

では、通常の解凍ソフトでは開くことの出来ない、このwinmail.datの中身が何なのか?確かめる方法はあるのでしょうか?

方法はあります。下記にその方法をご説明します。

オンラインのwinmail.dat復元ツールを使用する

最も簡単な方法は、オンラインのwinmail.dat復元ツールを使用することです。

winmail.dat変換ツール
http://winmaildat.net/

winmail.dat は Transport Neutral Encapsulation Format (TNEF) でカプセル化されたリッチテキスト形式のメッセージです。
このサイトはそのカプセルの中からメッセージを取り出し winmail.dat の中身を開く・見ることができるようになります。
インストール不要です。macでもwindowsでも関係なく利用できますので自由に使ってください。

winmail.dat の中身を開く・見るには、下記フォームより winmail.dat ファイルをアップロードしてください。
すぐにその中のデータをダウンロードできます。
出典:http://winmaildat.net/

winmail.dat変換ツール

使い方はかんたん!
画面中央あたりの「ファイルを選択」から、対象のwinmail.datファイルを指定し、「winmail.datを変換する」ボタンをクリックするだけで、「winmail.zip」というzip形式のファイルになってダウンロードされますので、あとはそのファイルを通常のzipファイルと同様に解凍ソフトで解凍するだけ!

たったこれだけで、中身がわからなかったwinmial.datの中身を知ることができるようになりました。特にPCに何もインストールせずに使用できるところもGOODですよね!

まとめ

今回は、winmail.datとは何なのか?また、インストール不要でメールに添付されてきたwinmail.datファイルを変換することができるサービスについてご紹介しました。

急に知らない拡張子のファイルがメールに添付されてくると、一瞬「ウイルスかも?」と身構えてしまいますが、今回の「winmail.dat」というファイルに関しては、Outlookから送られてきた特に問題のないメールの添付ファイルということでした。

そんなときは焦らず落ち着いて、上記のツールから、送られてきた添付ファイルの中身を確認してみてください。

※注意! winmail.datが100%安心なファイルというわけではありませんので、知らない差出人からのメールに添付されていたwinmail.datファイルなどは細心の注意を払って取り扱ってください。