【危険】電子レンジで温めてはいけないものとその理由

【危険】電子レンジで温めてはいけないものとその理由

電子レンジで温めてはいけないもの

冷めてしまったものを温め直したり、凍らせておいた食品を解凍したり、現代の生活においてなくてはならない電化製品が「電子レンジ」です。

とても便利な電子レンジですが、使い方を誤ると中に入れて温めていたものが突然爆発を起こしたり、発火してしまったりと危険なことが、意外とたくさんあります。

今回はその電子レンジの危険な使い方について説明します。

Advertisement

電子レンジで温めてはいけないもの

アルミホイルなどの金属

アルミホイル

有名な話として、電子レンジでは金属を含むものを入れて温めてしまうと、火花が散って発火してしまい、非常に危険です。
電子レンジ自体が燃えてしまうだけでなく、最悪、家全体の火災となってしまいます。

そのため、お弁当などに入っていることのある金属製のカップや、金属製のコップなどは電子レンジで温める際に使用することはできません。

シェラカップ

近年流行りのキャンプ用品である「シェラカップ」なども金属ですので、当然このままレンジに入れて温めることはできません。
面倒ですが、一度何か別の容器に移し替えてから温めるようにしましょう。

万が一、金属を電子レンジで加熱してしまうと、下の動画のようになってしまい大変危険です。
絶対にやめましょう。

たまご

たまご

卵も殻のついたまま電子レンジで加熱をすると、レンジ内での爆発、もしくは外気に触れた瞬間に爆発し、飛び散った殻の破片や、熱せられた中身が目に入ったり、皮膚を傷つけたりして非常に危険です。

あまりおすすめできる方法ではありませんが、どうしても生卵を電子レンジで加熱をするという場合には、

  • 殻を割って容器に入れて溶きほぐしておく
  • 溶きほぐしたくない場合は、黄身の部分につまようじではじめから穴を開けておく

このようにすれば、爆発の危険性は抑えることができます。

万が一、対策を怠って卵を電子レンジで加熱してしまうと、下の動画のようになってしまい大変危険です。
絶対にやめましょう。

カレー・味噌汁

カレーライス

前日に作っておいたカレーを温めようとするとき、そのまま電子レンジに入れて加熱をすると、こちらも爆発する危険があります。
どういうことかというと、カレーは比較的粘度(粘り気)の高い料理です。ですのでシチューなども該当します。このような粘度の高い食品を電子レンジに入れて加熱すると、中心から温まり周りが十分に温まっていないのに中だけ過熱され、急に沸点に達しまだ冷たい外側を突き破って破裂することがあります。

また、味噌汁の温めも同じで、味噌汁は純粋な水ではないため、はじめのうちは静かでも急に沸騰して飛び散ることがあります。

これらはどちらも突然沸騰する「突沸」という現象です。

これによってやけどを負うという事故も少なくありません。

カレーを爆発させないための対策

先ほど紹介したカレーなどの粘度の高い食品を加熱するとき、爆発させないようにするためには「まず短めの時間で加熱して、かき混ぜてから再度加熱をする」という方法です。

一度に冷たい状態から、食べられる熱い状態まで持っていこうとするため爆発が起きると考えられるので、まずは想定される3分の1程度の時間温めて、かき混ぜてから残りの時間を加熱するなど、手間であってもこの作業をせずに爆発させてしまって、あとから周りの掃除をしないといけないという方がより手間がかかると思います。

ですので、めんどくさがらず少しずつ温めましょう。

Advertisement

まとめ

今回は電子レンジで加熱してはいけないもの、注意して加熱しないといけないものをご紹介してきました。

アルミホイルなどの金属は電子レンジに入れてはいけないというのは結構有名なので、多くの方が知っていたかと思いますが、カレーなどを温めたときに爆発する事例があるということは以外に知らない方も多かったのではないでしょうか。

いずれにしても、便利な電化製品ではありますが、注意を怠ると火災などの重大な事故に発展してしまう可能性があるので、しっかりと説明書をよく読んで、正しく便利に使っていきたいですね。

ライフスタイルカテゴリの最新記事