【注意】車の「ながら運転」が厳罰化!どこからが違反なの?

【注意】車の「ながら運転」が厳罰化!どこからが違反なの?

車の「ながら運転」どこからが違反なの?

2019年12月1日から、道路交通法が改正され、車の運転中のいわゆる「ながら運転」に対する罰則が強化されました。
運転しながらのスマートフォンの操作はもちろんですが、それ以外にも運転中にやってはいけないことはたくさんあります。
今回は、改正された道路交通法で違反となるもの・ならないものをまとめてみました。


運転中のスマートフォン・カーナビ操作

カーナビ操作

今回の道路交通法改正の大きな要因となった運転中の「ながらスマホ」。またそれと並んで危険なのが運転中のカーナビの操作です。

本来、運転中はカーナビは操作できないようになっているはずなのですが、取り付ける際の通例として、業者に「テレビキャンセル(通称:テレキャン)」を申請し、カーナビの操作ばかりか、テレビまで運転中まで見られるようにしている人が一定数います。
ですがこの「テレキャン」自体は違法ではなく、あくまでも走行中に助手席に乗っている同乗者が操作する目的で導入されるものとなります。

それにも関わらず、運転手が運転中のスマホ・カーナビの操作や凝視を行った場合は、改正前まで違反点数1点、罰金6,000円だったものが、今回の改正で違反点数3点、罰金18,000円と、どちらも3倍になりました。(普通車の場合)

飲食しながらの運転は大丈夫なのか?

本来、車を運転する者は

車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

と道路交通法で規定されています。
つまり、ハンドルを確実に操作することができないと認定されてしまうような動作は認められていないということになります。

おにぎり

では具体的に、よく見られる光景としておにぎりやサンドイッチ、ハンバーガーを食べながら運転するのはどうでしょうか。

この場合、通常は片手で食べ物を持ち、もう片方の手でハンドルを操作することができているので、速度超過をしておらず、安全な速度で走行していれば、違反の対象とはならないと考えられます。

両手がハンドルか離れてしまうのは問題外!

弁当

ただし、片手にお弁当やカップラーメン、もう片方の手に箸を持って食事をしながら走行するということは、完全に両手がハンドルから離れていることになりますので、見つかり次第、違反で取り締まられると考えられます。

過去には重大な事故も・・・

実際過去には、カップラーメンを食べながら運転していてスープをこぼしてしまい、それに気づいた拍子にハンドル操作を誤って店舗に車のまま突っ込むという事故が発生しています。

事故車

運転補助装置(自動ブレーキ・前方車追従)ではどうなのか?

近年では、前方の車や障害物・歩行者に近づきすぎた場合に自動的にブレーキがかかったり、高速道路などで前方の車に一定速度で一定の距離をあけた状態で自動追従していくなどの機能を持った車が増えてきましたが、

自動運行装置を使用して自動車を運転する者は、一定の条件を満たさなくなった場合に直ちに対処することができる態勢でいるなどの場合に限り、道交法第71条第5号の5(携帯電話等の無線通話装置を保持して使用することおよび画像を注視することの禁止)の規定の適用を受けない
※ 自動運転(レベル3)の場合

となっており、自動運転非搭載車に比べて、すこしは容認されているようですが、あくまでも補助機能であることを忘れてはならず、いかなる状況でもとっさのハンドル操作やブレーキ操作ができる状態にしておかなくてはいけないことに変わりはありません。

もしものときのために「ドライブレコーダー」は必須

車の事故に関する話題について話すとき、切っても切れない縁にあるのが「ドライブレコーダー」についてです。
最近は取り付けている人も多くなってきましたが、まだまだ全車両にはほど遠いのが現状です。

自分がいくら気をつけていても、周りの不注意により、もらい事故を被ってしまうというケースは少なくありません。

また、もらい事故の場合でも、自分の車が走行中(動いている)状態である場合、100%相手の過失にするということが難しいのが日本の法律の難しいところです。
ですがその際にドライブレコーダーの映像が証拠となり、自分の過失をゼロにすることが可能になるケースも増えてきています。

「ドライブレコーダーをつけておけばよかった」と後悔しなくても済むように、事前に取り付けておくことを強くおすすめします。

最近のドライブレコーダーは非常に高性能で、相手のナンバープレートもバッチリ確認できる画質で録画できますし、暗所やトンネル内でも非常に高画質で録画できるものもたくさんあります。


まとめ

改正道路交通法は、すでに施行されています。
「知らなかったから」という理由で、罪に問われなくなるわけではありません。
特に私の住んでいる愛知県は車社会なので、本当に多くの人が日常的に車を利用します。
そのため、毎年の交通事故件数も全国ワーストワンになることが多いです。

この不名誉な記録もいつか改善できる日が来ることを信じていますし、なにより全国的に交通事故がゼロになる日が来るといいなと思います。

雑学ネタカテゴリの最新記事