【注意】クルマの「ながら運転」が厳罰化!どこからが規制対象なの?

【注意】クルマの「ながら運転」が厳罰化!どこからが規制対象なの?

ながら運転は危険です

2019年12月1日から、道路交通法が改正され、車の運転中のいわゆる「ながら運転」に対する罰則が強化されました。
運転しながらのスマートフォンの操作はもちろんですが、それ以外にも運転中にやってはいけないことはたくさんあります。
今回は、改正された道路交通法で違反となるもの・ならないものをまとめてみました。

もちろんスマホ操作はNG!

NGという言葉で片付けてはいけないくらい、今回の道路交通法改正の大きな要因となった運転中の「ながらスマホ」。
運転中の操作や凝視は、改正前まで違反点数1点、罰金6,000円だったものが、今回の改正で違反点数3点、罰金18,000円と、どちらも3倍になりました。(普通車の場合)

カーナビの凝視も取締り対象

スマホだけでなくカーナビの運転中の使用や凝視も違反に当たります。
カーナビの画面の2秒以上の凝視は違反となります。
時速60km/hの車が2秒間に進む距離はおよそ33mで、これだけでもたった2秒の目を離したスキに、大事故につながってしまうということも容易に推測できます。

朝マックしながらの運転はたぶん大丈夫

今回の改正案には、飲食しながら運転してはいけないという項目は無いようなので、おそらく皆さんが大好きな朝マックをしながらの運転や、飲み物を飲みながらの運転はおそらく大丈夫です。
ですが、くれぐれも運転には注意をしてください。

知らなかったでは済まされない

この法改正は、すでに施行されています。「知らなかったから」という理由で、罪に問われなくなるわけではありません。
特に私の住んでいる愛知県は車社会なので、本当に多くの人が日常的に車を利用します。
そのため、毎年の交通事故件数も全国ワーストワンになることが多いです。

この不名誉な記録もいつか改善できる日が来ることを信じていますし、なにより全国的に交通事故がゼロになる日が来るといいなと思います。

雑学ネタカテゴリの最新記事