Firefoxで「警告: 潜在的なセキュリティリスクあり」と表示される理由

Firefoxで「警告: 潜在的なセキュリティリスクあり」と表示される理由

Firefox 警告 潜在的なセキュリティリスクあり

先日、あるサイトをFirefoxで見ようとしたところ、「警告: 潜在的なセキュリティリスクあり」と表示され、先に進むことができませんでした。

Google ChromeやInternet Explorerでは問題なく閲覧できているのですが、なぜかFirefoxだけ見ることができません。

今回は、この画面が表示される理由を解説します。


Advertisement

原因は、Webサイト側の問題

この問題はウェブサイトに原因があり、あなたにできることはありません。

画面にも「この問題はウェブサイトに原因があり、あなたにできることはありません。」と表示されている通り、閲覧者に問題があるわけではなく、Webサイトのデータ、もしくはサーバに原因があるようです。

Chromeなどの他のブラウザで閲覧すればよいのですが、どうしてもFirefoxで閲覧したい場合は、右下の「詳細情報」のボタンから、セキュリティの例外サイトを追加することができ、そこに追加することでアクセスできるようになりますが、そもそもセキュリティに問題があるサイトにアクセスすることはおすすめしません。

特別見たいサイトではないということであれば、(推奨)と書かれた「戻る」を押して、おとなしく別のサイトに遷移したほうが良さそうです。

無理してアクセスしてしまうと、最悪、ウィルスを仕組まれたり、個人情報の漏えいが発生してしまう可能性があります。

SSL証明書の不備が原因?

SSL証明書の不備が原因?

このエラーが出るのは、この他にも原因があるかと思いますが、自分が直面したサイトの詳細には

誰かがこのサイトに偽装しようとしている可能性があります。続行しないでください。
ウェブサイトは証明書で同一性を証明します。証明書の発行者が不明、証明書が自己署名、またはサーバーが正しい中間証明書を送信していないため、Firefox は www.hogehoge.com を信頼しません。

と書かれており、証明書が正しくインストールされていない、もしくは証明書に不備があることが原因だったようです。

そのため、この問題を抱えているサイトの管理者は、一度サーバのコントロールパネルなどから、SSL証明書のインストールにエラーが出ていないかなど、確認をしてみる必要がありそうです。

まとめ

最近はものすごい勢いでネットの環境もブラウザも進歩しています。
とりわけ、セキュリティに関してのアップデートがかなり顕著で、Chromeをはじめ、Firefoxもhttpで読み込むコンテンツのブロックを明言するなど、Webサイトの利用者にとってはセキュリティが向上しうれしい反面、Web制作者にとっては、せっかく作成したサイトが見てもらえないということになると、機会損失につながってしまうため、このようなセキュリティのアップデート情報には目を光らせていく必要がありそうです。

Advertisement

Web開発カテゴリの最新記事