【二郎系】名古屋で二郎系が食べられるお店 -麺屋「誠」-【名古屋市中川区】

【二郎系】名古屋で二郎系が食べられるお店 -麺屋「誠」-【名古屋市中川区】

台湾牛すじまぜそば

ラーメン界で一つのジャンルとなっている「二郎系ラーメン」。発祥はもちろん東京にあるラーメン二郎ですが、今や全国に二郎系ラーメンとして広まって、あのとんでもないボリュームがいろんなお店で食べられるようになっています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E4%BA%8C%E9%83%8E

今日はその二郎系が名古屋で食べられるお店の一つ麺屋「誠」をご紹介します。

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230113/23008996/

お店は大通りから離れた住宅街の一角に

麺屋誠

麺屋誠

今回紹介する麺屋「誠」は、お店の規模もそこまで大きくなく、立地も大通りからは離れて、住宅街の一角に構えています。(写真はGoogleストリートビューより引用)

店内写真

店内の雰囲気は大正・昭和時代のようなポスターやオブジェが飾られています。
当時を生きていた世代の方には、少し懐かしい気持ちにさせられることでしょう。

今回は「台湾牛すじまぜそば」を注文

今回は、券売機のところで人気No.1と書いてあった台湾牛すじまぜそばを注文しました。注文時ににんにくを入れるか聞かれましたが、人と会う用事もなかったので、もちろんアリで注文しました!

台湾牛すじまぜそば

数分後、まぜそばが運ばれてきました。
台湾ということもあり、ミンチ肉も乗っていますし、ネギにこれでもかというくらい、唐辛子の粉もかけられていました。
これまだ自分の大好きな極太麺
やっぱりまぜそばはこの太い麺じゃないとダメですよね。

そしてメインである牛すじもたっぷり入っており、まぜそばなので、これらを豪快にかき混ぜていただきます。

このあとの写真を撮り忘れましたが、タレは自分は濃い目の味付けかなと思いました。牛すじが入っているので、その味に負けないようにするためだと思います。
台湾まぜそばと言っていますが、辛さは激辛というわけではなく、程よい辛さでした。

味変でお酢を回し入れて別の味に

お酢を回し入れて・・・

店内の張り紙にも書かれていますが、まぜそばはまず最初は豪快にかき混ぜて食べたあと、残り半分くらいで、カウンターに置いてあるお酢を回し入れて、今度はサッパリといただくことができます。
自分もやってみましたが、いい感じに絡みも抑えられ、最後アッサリスッキリ完食することができました。

最後のシメはやっぱり追い飯

今回自分は胃袋の残り具合から断念しましたが、まぜそばのシメはやっぱりご飯を放り込んで追い飯をかっ食らうことですよね。
今回のまぜそばが880円で、ご飯が120円なので、ちょうど1,000円でこのセットを食べることができます。
タレだけ残してご飯を入れるもよし、牛すじやネギを少し残してそれらを絡めて食べるもよし、いろんな食べ方があると思います。

まとめ

今回は名古屋市中川区の住宅街の一角にある二郎系ラーメンが食べられるお店麺屋「誠」をご紹介しました。
まだ自分も1回しか行けていないので、今後通いたいと思っていますが、食べログのサイトには、他にも色んなメニューの写真が乗っていますので、ぜひ参考にしてみてください。

https://tabelog.com/aichi/A2301/A230113/23008996/

お店紹介カテゴリの最新記事